看護師長に求められるストレスコントロール力

病院はストレスの多い職場です。とくに看護師長は、上司や部下の看護師はもちろん、医師や患者、地域住民など多くの関係者との軋轢や葛藤に直面しやすい立場にあり、役割上ストレスがかかりやすい状況に置かれることが多いです。

i_stress

ストレスが高まると、冷静でいられなくなったり、緊張して体が思うように動かなくなったりします。普段ならこなせるようなことも、ストレスによってできなくなってしまうことがあります。たえず強いストレスにさらされると、人は心身を病んでしまうこともあります。

ストレスの多い職場で働く看護師には、ストレスをうまくコントロールする力が求められます。看護師長は、部下が受けるストレスレベルを把握し、必要があれば休ませるなどの対処を取らなければなりません。

ストレスは外部の刺激に対する生体反応であると言われます。これは当たり前の反応ですので、ストレス反応をなくそうとするよりも、ストレスをコントロールすることに意識を置いた方がよいでしょう。また、ストレスは必ずしも悪い影響を及ぼすものではなく、ときには良い刺激となることもあります。

ストレスが適度にかかっていると、人は心身ともにリフレッシュした状態になれます。集中力が高くなり、仕事への意欲も湧いてきます。問題が発生しても落ち着いて対処できたり、新しいアイデアがひらめいたりするなど、高いパフォーマンスを発揮することができます。

自分がどのような状況でストレスを感じるのかを把握し、適度なストレスレベルを維持することによって、安定的なパフォーマンスにつなげることができます。どんな状況でも落ち着きがあり、自分のペースで物事に取り組むことができる人は、ストレスコントロール力が高い人です。

ストレスコントロールのポイントは、自分がどんなストレスに弱いのかを知ることと、ストレスサインが出たときの対処法を知っておくことです。

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


関連記事

i_logical

看護師のロジカルシンキング

ロジカルシンキング/論理思考(Logical thinking)とは、考えとしてはクリティカルシンキ

記事を読む

i_mtg

看護師長のミーティングスキル

会議やミーティングの時間をいかに効果的・効率的に進めるかということも看護師長に求められる重要

記事を読む

i_conpi

看護におけるコンピテンシーとは

コンピテンシー(competency)とは「仕事上の役割や機能をうまくこなすために、個人に必要とされ

記事を読む

i_kisoryoku

看護師が身につけたい社会人基礎力とは

看護師長にとって、部下の看護師を育成することは重要な役割の一つです。 看護師はサービス業でもあ

記事を読む

i_black2

ブラック看護師長診断

最近、従業員に過酷な労働を強要するブラック企業のニュースが盛んに報道され、大きな社会問題とな

記事を読む

i_ib

看護師長とインバスケット演習

「日々、目の前の仕事に追われている」 「自分の判断力に自身がもてない」 「もっとマネジメント力を

記事を読む

i_tyuuhani

中範囲理論と看護診断

中範囲理論はアメリカの社会学者ロバート・K・マートンが提唱した社会学方法論です。 NANDAの

記事を読む

i_presen

看護師長のプレゼンテーション3つのポイント

「人前で話をするのが得意ではない」 「うまく自分の考えを伝えられない」 といった風に

記事を読む

i_draga

ドラッガーと看護

ピーター.F.ドラッガー、ここ最近では「もしも高校野球部の女子マネージャーが。。。」で知られた方も多

記事を読む

i_narrative

ナラティブと看護

ナラティブ(narrative)とは、「ナレーター」などと同じ意味で、「語り、叙述」などと訳されます

記事を読む

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


i_airport
看護師が海外で働く時のハードルとは?

看護師が海外で働くときの共通問題としてVisaの問題があるので

i_nz
看護師がニュージーランドで働く方法

オーストラリアと同じオセアニアということもあり、ニュージーランドで看護

i_au
看護師がオーストラリアで働く方法

日本で看護師資格を持っている場合でオーストラリアにて看護免許取得を行う

i_uk
看護師がイギリスで働く方法

イギリスで看護師として働くには、まずNMCに登録すること、されることが

i_kangoronbun
看護研究論文のチェックポイント

看護師にとって看護研究を行うことも大切な仕事の一つです。最近ではインタ

→もっと見る


  • 看護師転職サイトの正しい選び方
PAGE TOP ↑