看護師長のプレゼンテーション3つのポイント

i_presen

「人前で話をするのが得意ではない」
「うまく自分の考えを伝えられない」

といった風に、プレゼンテーションを苦手にしている看護師長も多いのではないでしょうか?

しかし、看護師長にはプレゼンの機会が多くあります。

学会での研究発表や部下を前にしての訓示、会議での発言など、形は違っても、自分の考えを多数の人に向けて発信する、という意味では、どれもがプレゼン能力を必要とするものです。

プレゼンの機会が多い看護師長にとって、プレゼン能力の有無が看護師長としての成果を左右するといっても過言ではありません。

そこでここでは、効果的なプレゼンテーションを行うためのポイントを3つお話ししたいと思います。

その1:プレゼンテーションの予行練習をしっかりする。

回数をこなせばこなすほど、プレゼンテーションは上達すると言われています。

ところが意外なことに、プレゼンテーションのリハーサルをまったくせず、ぶっつけ本番で臨む看護師長が多いようです。プレゼンテーションほど事前のリハーサルが役立つものはありません。たとえ一回でもリハーサルをすることで、プレゼンの効果は劇的に変わります。

「ちょっと時間がかかりすぎるから、この部分は手短かに話そう」とか
「このフレーズは話しにくいから、こっちの言い回しに変えよう」とか、

いろいろなことが見えてくるようになるものです。

その2:結論から話す

話がわかりにくい人とわかりやすい人を比べると、「結論」の伝え方に大きな差があることがわかります。話がわかりにくい人は、結局自分がどうしたいのかが自分でもわかっていなかったり、あるいは迷いながら話していたりすることが多いものです。従って、人に伝える際にも、結論を先送りにした曖昧で回りくどい話し方をしてしまいがちです。

厳しい言い方かもしれませんが、結論の見えない話を聞くほど、他人にとって苦痛なことはありません。人に何かを伝える前には、まずは自分の結論をしっかりと固めることが大切です。

その3:ノンバーバルな表現方法を活用する

ノンバーバルとは、言葉によらない非言語のコミュニケーションのことです。

「目は口ほどにモノをいう」ということわざがあるとおり、ノンバーバルなコミュニケーションによって伝わることは多くあります。

具体的には、身振り手振りであったり、しっかりと聞き手とアイコンタクトをとることであったり、大事なことを言う前に少し間をおく、声の調子にメリハリをつける、といったテクニックが効果的です。

表情に変化がなく、ずっと同じトーンで話し続ける人の話は、どんなに中身がよくても伝わりにくいものです。

決して難しいことではありません。人と話すときに笑顔を心がけるだけでも違ってくると思いますよ。

これらのポイントを意識しながら、看護師長としてのプレゼンテーションスキルを磨いてください。

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


関連記事

i_expart

エキスパートナース

エキスパートナースとはどのようなナースのことを指しているのでしょうか? P.ベナーによると優れ

記事を読む

i_conpi

看護におけるコンピテンシーとは

コンピテンシー(competency)とは「仕事上の役割や機能をうまくこなすために、個人に必要とされ

記事を読む

i_nlp

NLPと看護

NLP(Neuro-Linguistic Programming)神経言語プログラミングを学ぶことは

記事を読む

i_coaching

看護師のコーチング

コーチングとは相手を教育したり、アドバイスしたり、方向性を指示したりするものではなく、相手の自発的な

記事を読む

i_draga

ドラッガーと看護

ピーター.F.ドラッガー、ここ最近では「もしも高校野球部の女子マネージャーが。。。」で知られた方も多

記事を読む

i_narrative

ナラティブと看護

ナラティブ(narrative)とは、「ナレーター」などと同じ意味で、「語り、叙述」などと訳されます

記事を読む

i_knowledgemanagement

ナレッジマネジメントと看護

ナレッジマネジメント(knowledge management)は「知識管理」ともいわれますが、個人

記事を読む

i_kisoryoku

看護師が身につけたい社会人基礎力とは

看護師長にとって、部下の看護師を育成することは重要な役割の一つです。 看護師はサービス業でもあ

記事を読む

i_assertiveness

看護師のアサーティブネス

ナースや管理者と言う職業上、人の話に耳を傾ける機会は多いかもしれませんが、自分の意見を上手く伝える事

記事を読む

i_sindansi

看護管理に役立つ中小企業診断士の資格勉強

最近では経営破綻や医療崩壊を起こす病院が増えており、看護師長にも一定の経営知識を持っておくことが求め

記事を読む

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


i_airport
看護師が海外で働く時のハードルとは?

看護師が海外で働くときの共通問題としてVisaの問題があるので

i_nz
看護師がニュージーランドで働く方法

オーストラリアと同じオセアニアということもあり、ニュージーランドで看護

i_au
看護師がオーストラリアで働く方法

日本で看護師資格を持っている場合でオーストラリアにて看護免許取得を行う

i_uk
看護師がイギリスで働く方法

イギリスで看護師として働くには、まずNMCに登録すること、されることが

i_kangoronbun
看護研究論文のチェックポイント

看護師にとって看護研究を行うことも大切な仕事の一つです。最近ではインタ

→もっと見る


  • 看護師転職サイトの正しい選び方
PAGE TOP ↑