ブラック看護師長診断

i_black2

最近、従業員に過酷な労働を強要するブラック企業のニュースが盛んに報道され、大きな社会問題となっています。これ、看護師長にとっても他人事ではありません。

日本では、多くの医師や看護師が、ブラック企業と似たような職場環境で働かされているのが実態です。医師や看護師と国の過労死基準を上回る協定を平気で締結している病院が半数以上あるという統計データも存在するくらいです。

数年前にも、24時間連続勤務した後、次の夜勤に備えて休んでいた看護師が、仮眠室で亡くなるという過労死事故も発生しています。

サービス残業は当たり前、有給休暇は消化できず、休みの日にも勉強会に強制的に参加させられたり、といったことが日常茶飯事のようにまかり通るのが病院の労働環境の実態なのです。

以下は、一般企業のブラック度を診断するために使われているものを看護師用に修正したものです。これらの項目に多く当てはまる看護師長は、ブラック度が高い傾向がありますので、注意が必要です。

  • 看護師長の指示は絶対である。
  • 部下の言い分は認めない。
  • 看護業務は体力勝負だ。
  • 仕事は気合と根性でなんとかなると思っている。
  • 「文句を言わずにやることをやって」が口癖。
  • いつもサービス残業や休日返上で仕事を片付ける。
  • 飲み会には部下を強制的に参加させる
  • 仕事を覚えるには座学研修よりもOJTで現場経験させることが一番。
  • 最近また部下が辞めた。
  • 部下には有給を使わせたくない。

看護師の皆さんは、もし自分が勤める病院がブラック病院だったり、自分の上司がブラック看護師長だと思ったら、こちらのページから迷わず転職活動してくださいね。

ブラック病院から得られるものは何もありません。自尊心を失い、スキルアップの機会も失い、いらなくなったら使い捨てされるだけです。そういう職場からは一刻も早く立ち去りましょうね。

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


関連記事

i_shel

SHELモデル

SHEL/SHELL(シェル)モデル/分析とは人間の行動は4つの要因から決定されると想定し、そこで起

記事を読む

i_assertiveness

看護師のアサーティブネス

ナースや管理者と言う職業上、人の話に耳を傾ける機会は多いかもしれませんが、自分の意見を上手く伝える事

記事を読む

i_tyuuhani

中範囲理論と看護診断

中範囲理論はアメリカの社会学者ロバート・K・マートンが提唱した社会学方法論です。 NANDAの

記事を読む

i_draga

ドラッガーと看護

ピーター.F.ドラッガー、ここ最近では「もしも高校野球部の女子マネージャーが。。。」で知られた方も多

記事を読む

i_nlp

NLPと看護

NLP(Neuro-Linguistic Programming)神経言語プログラミングを学ぶことは

記事を読む

i_swot

看護師による病院のSWOT分析具体例

看護師長ともなればSWOT分析を使って病棟の方向性を導き出す必要に迫られることがあります。

記事を読む

i_mendan

看護師長が部下面談で成果を得る3つの条件

看護師長にとって部下面談は、部下と二人きりでコミュニケーションをとる貴重な機会です。

記事を読む

i_mtg

看護師長のミーティングスキル

会議やミーティングの時間をいかに効果的・効率的に進めるかということも看護師長に求められる重要

記事を読む

i_presen

看護師長のプレゼンテーション3つのポイント

「人前で話をするのが得意ではない」 「うまく自分の考えを伝えられない」 といった風に

記事を読む

i_incident

インシデント管理

インシデント(incident)とは、サービスの中断や品質の低下につながるイベントの事です。

記事を読む

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


i_airport
看護師が海外で働く時のハードルとは?

看護師が海外で働くときの共通問題としてVisaの問題があるので

i_nz
看護師がニュージーランドで働く方法

オーストラリアと同じオセアニアということもあり、ニュージーランドで看護

i_au
看護師がオーストラリアで働く方法

日本で看護師資格を持っている場合でオーストラリアにて看護免許取得を行う

i_uk
看護師がイギリスで働く方法

イギリスで看護師として働くには、まずNMCに登録すること、されることが

i_kangoronbun
看護研究論文のチェックポイント

看護師にとって看護研究を行うことも大切な仕事の一つです。最近ではインタ

→もっと見る


  • 看護師転職サイトの正しい選び方
PAGE TOP ↑