ナラティブと看護

ナラティブ(narrative)とは、「ナレーター」などと同じ意味で、「語り、叙述」などと訳されます。

語りながら考えをまとめたり、物語を創っていく方法のことでこれを、セラピーに利用したものが、ナラティブセラピーです。心にある問題をありのまま語ることによって、心の外側へ問題を出してしまおうという方法です。

看護領域では、対象者より語りを導き出し読み解く、ナラティブアプローチ(語りに注目するケア)やナラティブケア(語りを使うケア)により、対象者に開放感や充実感をもたらすことができると言われています。

ナラティブケアのスキル習得は、なかなか難しいとも言われていますが、まずは「聴くこと」を意識して対象者への関心を深め、自分の中にある概念の枠を広げていくプロセスが大切です。色眼鏡をかけていては、語りは導き出せませんね。

患者による語り、医療者による語りなど色々ありますが、いま「看護」を語ることはなぜ必要だと言われているのでしょうか?

川島先生は、「看護の現場で看護師が語らなくなってきている」こと、「静かなナースセンター」についてもお話しされていました。

山のように積み上がった業務を終えるために、ただ黙々と働き続けるナース、ナースセンターにいても黙って記録と向き合っている、思い当たることはありませんか?

物語のように日々の看護実践をありのままに語ることで、自身の振り返りとしたり、自分にとって看護とはなにかを再発見し、心に残った看護実践を仲間と語りあうことで「看護の知」が共有できるナラティブにあなたもなってみませんか?

お互いを語ることで、自身を癒し、こころのデトックスをして、素敵ナースを目指してみませんか?

参考図書

看護を語ることの意味―“ナラティブ”に生きて 川島みどり(著)

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


関連記事

i_sindansi

看護管理に役立つ中小企業診断士の資格勉強

最近では経営破綻や医療崩壊を起こす病院が増えており、看護師長にも一定の経営知識を持っておくことが求め

記事を読む

i_black2

ブラック看護師長診断

最近、従業員に過酷な労働を強要するブラック企業のニュースが盛んに報道され、大きな社会問題とな

記事を読む

i_kangoronbun

看護研究論文のチェックポイント

看護師にとって看護研究を行うことも大切な仕事の一つです。最近ではインターネットを利用することで、看護

記事を読む

i_swot

看護師による病院のSWOT分析具体例

看護師長ともなればSWOT分析を使って病棟の方向性を導き出す必要に迫られることがあります。

記事を読む

i_coaching

看護師のコーチング

コーチングとは相手を教育したり、アドバイスしたり、方向性を指示したりするものではなく、相手の自発的な

記事を読む

i_ib

看護師長とインバスケット演習

「日々、目の前の仕事に追われている」 「自分の判断力に自身がもてない」 「もっとマネジメント力を

記事を読む

i_tyuuhani

中範囲理論と看護診断

中範囲理論はアメリカの社会学者ロバート・K・マートンが提唱した社会学方法論です。 NANDAの

記事を読む

i_shel

SHELモデル

SHEL/SHELL(シェル)モデル/分析とは人間の行動は4つの要因から決定されると想定し、そこで起

記事を読む

i_ladder

クリニカルラダー

ラダーとはハシゴの事です。クリニカルラダー(Clinical Ladder)とは、生涯学習での自分の

記事を読む

i_knowledgemanagement

ナレッジマネジメントと看護

ナレッジマネジメント(knowledge management)は「知識管理」ともいわれますが、個人

記事を読む

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


i_airport
看護師が海外で働く時のハードルとは?

看護師が海外で働くときの共通問題としてVisaの問題があるので

i_nz
看護師がニュージーランドで働く方法

オーストラリアと同じオセアニアということもあり、ニュージーランドで看護

i_au
看護師がオーストラリアで働く方法

日本で看護師資格を持っている場合でオーストラリアにて看護免許取得を行う

i_uk
看護師がイギリスで働く方法

イギリスで看護師として働くには、まずNMCに登録すること、されることが

i_kangoronbun
看護研究論文のチェックポイント

看護師にとって看護研究を行うことも大切な仕事の一つです。最近ではインタ

→もっと見る


  • 看護師転職サイトの正しい選び方
PAGE TOP ↑