看護研究論文のチェックポイント

看護師にとって看護研究を行うことも大切な仕事の一つです。最近ではインターネットを利用することで、看護研究のテーマとなるようなヒントを得られたり、他の看護師や研究者によって発表された論文を検索することが簡単になっています。

インターネットの進歩は看護研究論文を作成する利便性を向上させる一方で、安易なコピペ、盗用や、論文の形式から逸脱したような看護論文が増えてきていることも事実です。看護師には、一研究者としての自覚をもって看護論文を作成することが求められます。

若手看護師の看護論文をチェックするとき、看護師長としては、どのような点に気をつけるべきでしょうか。

引用と盗用の違い

看護論文では、他の看護師がすでに行った研究や調査から得られた結果にはすべて引用文献をつける必要があります。看護論文の中で、他人の研究結果を紹介しているにも関わらず引用文献をつけない場合は、最悪の場合、盗用と判断される恐れがあります。

倫理的配慮

看護論文では、実際の患者を研究対象とするケースが多いため、個人情報の保護には十分に配慮する必要があります。看護論文の中には、研究対象者のインフォームドコンセントを得ておくことはもちろん、研究倫理委員会の審査を受けたことを明記しておく必要があります。

他の研究者による追試

科学論文では、他の研究者が追試できるように論文を作成することが求められます。具体的には、データの収集方法(観察法なのか、質問法なのか、面接法なのかなど)や解析方法などについて、研究結果が再現できる、明確に記載しておくことです。

STAP細胞のような世紀の大発見でさえ、論文の書き方に不備があると研究者失格の烙印を押されてしまうくらいです。上記のポイントを参考にして正しい看護論文の書き方を身につけてください。

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


関連記事

i_kisoryoku

看護師が身につけたい社会人基礎力とは

看護師長にとって、部下の看護師を育成することは重要な役割の一つです。 看護師はサービス業でもあ

記事を読む

i_ladder

クリニカルラダー

ラダーとはハシゴの事です。クリニカルラダー(Clinical Ladder)とは、生涯学習での自分の

記事を読む

i_swot

看護師による病院のSWOT分析具体例

看護師長ともなればSWOT分析を使って病棟の方向性を導き出す必要に迫られることがあります。

記事を読む

i_incident

インシデント管理

インシデント(incident)とは、サービスの中断や品質の低下につながるイベントの事です。

記事を読む

i_coaching

看護師のコーチング

コーチングとは相手を教育したり、アドバイスしたり、方向性を指示したりするものではなく、相手の自発的な

記事を読む

i_commu

看護師のコミュニケーションスキル

現場では多忙なこともあり、ついつい、求められてもないのにアドバイスや、結論を出し会話を打ち切ってしま

記事を読む

i_liaison

リエゾン看護

リエゾン(Liaison)とはフランス語で「つながり、連携」を意味します。 日本ではリエゾンナ

記事を読む

i_mendan

看護師長が部下面談で成果を得る3つの条件

看護師長にとって部下面談は、部下と二人きりでコミュニケーションをとる貴重な機会です。

記事を読む

i_presen

看護師長のプレゼンテーション3つのポイント

「人前で話をするのが得意ではない」 「うまく自分の考えを伝えられない」 といった風に

記事を読む

i_conpi

看護におけるコンピテンシーとは

コンピテンシー(competency)とは「仕事上の役割や機能をうまくこなすために、個人に必要とされ

記事を読む

看護師転職サイトの正しい選び方

看護師転職サイトの正しい選び方

スポンサードリンク


i_airport
看護師が海外で働く時のハードルとは?

看護師が海外で働くときの共通問題としてVisaの問題があるので

i_nz
看護師がニュージーランドで働く方法

オーストラリアと同じオセアニアということもあり、ニュージーランドで看護

i_au
看護師がオーストラリアで働く方法

日本で看護師資格を持っている場合でオーストラリアにて看護免許取得を行う

i_uk
看護師がイギリスで働く方法

イギリスで看護師として働くには、まずNMCに登録すること、されることが

i_kangoronbun
看護研究論文のチェックポイント

看護師にとって看護研究を行うことも大切な仕事の一つです。最近ではインタ

→もっと見る


  • 看護師転職サイトの正しい選び方
PAGE TOP ↑